原型を担当したSyujyu氏より、ランスロット・アルビオン製作について

こんにちは!企画・開発担当のK_NAGAMIです。

いよいよ受注締切が近づいてきた『ランスロット・アルビオン』ですが、今回は原型を担当したSyujyuさんに、原型製作についてコメントをいただきました。ご覧ください!

 


 

ランスロット・アルビオンの原型製作について

文:Syujyu

 

ランスロット・アルビオンの原型製作においてこだわった点といえば頭部形状です。

設定資料の中の正面と横顔の資料がとてもかっこよく、その資料のラインを再現するべく頑張りました。

特に正面からの設定画はランスロットの二つ名である「白兜」のイメージ通りで末広がり気味の形状になるようこだわりました。

顔に関しても目がしっかり見えるようにというのを意識しています。

 

また、実は今回の原型は最初の仕様から

・サイズアップ

・フル可動→固定化

・オリジナルディテール追加

とかなり仕様が変わっているのですが、そのため肘関節に可動機構の名残が残っていたり、関節パーツはほぼ別パーツ化されていたりと、頑張れば可動化もできるのではないかな?という構成になっています。

 

オリジナルディテールについては甲冑っぽくといった依頼があり、その方向性でディテールアップしています。

本編のKMFがハイディテールに描かれた例はあまりないので、参考にしたのは『亡国のアキト』に出てくるKMFのディテールです。

また、金色のパーツには縁取りを付けていますが、ぱっと見で見た際に設定のイメージで見えるように縁取りのディテールと装甲面の角度を浅くし、あまりはっきりと影が落ちないように意識しています。

 

レンダリング画像(デジタルデータ原型画像)でみるとはっきりと線が出てしまうのですが、塗装された完成品をみると意図した効果は出たかなあと思っています。

 

 


 

以上、Syujyuさんからのコメントでした。

 

Syujyuさんのコメントにもある通りこのランスロット・アルビオンでは、約20cmという大きなサイズを踏まえて見応えするよう、模型ならではのディテールを施して製品化しています。
勿論、ディテールの再現に際しては、版権元様に途中途中でチェックやアドバイスなど監修していただき、そうした中でSyujyuさんがトライ・アンド・エラーを繰り返しながら造り込んでいきました。
ファンの方にはその辺も注目していただけると嬉しく思います。

 

今回はこの辺で…

次回は完成見本画像と合わせながら、もう少し本製品の紹介をしていきたいと思います。

 

好評予約受付中!

ランスロット・アルビオン【スペシャルVer.】

 

ランスロット・アルビオン【スタンダードVer.】

 

©SUNRISE/PROJECT L-GEASS Character Design ©2006-2017 CLAMP・ST

コメントは停止中ですが、トラックバックとピンバックは受け付けています。